医療プレミア特集

「オプジーボに便乗」患者につけ込む悪質がん免疫療法とは

  • 文字
  • 印刷

 京都大学高等研究院の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授(76)がノーベル医学生理学賞の受賞者の一人に選ばれ、がん治療薬「オプジーボ」と「がん免疫療法」に注目が集まっている。オプジーボ登場で、手術、放射線治療、抗がん剤治療に続く「第4のがん治療」として、免疫チェックポイント阻害薬を使った治療が脚光を浴びている。その一方で、オプジーボに便乗するような「怪しいがん免疫療法」を宣伝する医療機関とその情報も、ネット上にあふれている。がん治療の正しい情報を知り、効果ある治療法を選択するために、オプジーボの開発経緯をたどりながら、免疫チェックポイント阻害薬を使った治療の今をレポートする。【ジャーナリスト・村上和巳】

 10月1日、スウェーデンのカロリンスカ研究所は今年のノーベル医学生理学賞の受賞者の一人に、京都大学…

この記事は有料記事です。

残り3334文字(全文3689文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら