今日のセカンドオピニオン

「白内障の手術後目がかすむようになった」のはなぜ?

  • 文字
  • 印刷

【Q】白内障の手術をした後、針仕事や新聞を読む時に、涙で目がかすんで見にくくなりました。眼科でもらった点眼薬をつけても変化がなく、困っています。(兵庫県、女性、88歳)

【A】涙が不安定になって起こるドライアイに当てはまります。目の手術の後にも起こりやすいです。専用の点眼薬などを使いましょう。

 この症状は、涙が不安定になって起こるドライアイに当てはまります。針仕事など何かに集中するとまばたきが減り、目が乾くため涙が出て潤いを与えます。しかし涙が目の表面に定着せず、不安定だと目が乾いたり、その刺激で逆に涙が出すぎたりします。

 目の表面の細胞膜上は内側から順にムチン層、涙液層、油層の3層構造になっています。ムチン層は唾液などに含まれるねばねばした成分で、細胞膜に広がって水分を目の表面に保つ役割があります。また最も外側の油層は涙液層を乾燥から守ります。油層の油分はまつげの根元のマイボーム腺から補充されます。3層のどこがおかしくなっても涙は不安定になります。目の手術の後にもこうした症状は起こりやすいです。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文826文字)