医療・健康Tips

傷口を「化膿」させないためには

  • 文字
  • 印刷

 皮膚にできた傷がなかなか治らなかった、という経験はありませんか。傷口が化膿すると、治りは遅くなります。正しい傷の治療法を覚えて、化膿を防ぎましょう。

 傷とは、外界からの力により皮膚が削れたり切れたりし、組織が壊れた状態になることをいいます。出血するのは、傷により血管が切れたため。皮膚や血管が傷つくと、もともと体が持っている治癒力が働き、修復が始まります。

 しかし、傷口にブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌が感染した場合、膿が出てくることがあります。これを「化…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1218文字)