ヘルスデーニュース

小児のポリオ様疾患が増加、米CDCが警鐘

  • 文字
  • 印刷

 米国で手足の麻痺(まひ)などの重篤な症状をもたらすポリオに似た疾患が急増していることを、米疾病対策センター(CDC)が10月16日に明らかにした。CDC予防接種・呼吸器疾患センター所長のNancy Messonnier氏によると、同日までに米国22州で127件の報告があり、このうち62件は急性弛緩性脊髄炎(AFM)であることが確認されているという。

 米国では2014年にもAFMが流行し、今回は同年以降で3回目の流行となる。しかし、今年の流行は過去最悪の規模と予測する専門家の声も聞かれる。CNNは30州でAFM と確認された47人に加えてAFMが疑われる49人について調査が行われていると報じており、実際の患者数はCDCの報告数を上回っている可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り1327文字(全文1658文字)