ヘルスデーニュース

米成人の36%は「ファストフードが好き」

  • 文字
  • 印刷

 2013年から2016年の調査で、米国成人にその日何を食べたか聞いたところ、36.6%がファストフードと答えていたことが米疾病対策センター(CDC)による調査で明らかになった。調査に関する報告書はCDCが発行する「NCHS Data Brief」10月号に掲載された。

 この調査は、CDC傘下の米国立衛生統計センター(NCHS)のCheryl Fryar氏らが、2013~2016年の米国民健康栄養調査(NHANES)のデータを分析したもの。調査では、ファストフードを食べた人の割合は、20~30歳代では44.9%、40~50歳代では37.7%、60歳代以上では24.1%と年齢が上がるほど減少傾向にあることも分かった。

 また、一般にファストフードは貧困層で食べる頻度が高いと思われがちだが、収入が高いほどその頻度は高い…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1190文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら