ヘルスデーニュース

未承認の医薬品成分含むサプリが増加、米調査

  • 文字
  • 印刷

 未承認の医薬品成分を含有するサプリメント(栄養補助食品)の販売に対し、米食品医薬品局(FDA)がここ10年間で発した警告は700件以上に上ることが、米カリフォルニア州公衆衛生局(CDPH)に所属するMadhur Kumar氏らの調査で明らかになった。詳細は「JAMA Network Open」10月12日オンライン版に掲載された。ほとんどの事例(98%)でこのような成分は製品ラベルに表示されていなかったという。

 Kumar氏らは今回、FDAの「サプリメントとして販売されている医薬品含有製品」データベースから1…

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1445文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら