ヘルスデーニュース

米で性的に活発な高校生が減少 避妊実施率は向上

  • 文字
  • 印刷

 米国では、以前よりも性的に活発なティーンエージャーが減った、とする親たちを安堵(あんど)させる調査結果を、米ガットマチャー研究所のLaura Lindberg氏らの研究グループが9月20日に発表した。

 調査では、性的に活発であっても、大多数の高校生はなんらかの手段で避妊していることも分かった。しかし、高校生の間で性的暴行が増え、コンドームの使用率は低下している実態も浮かび上がったという。

 Lindberg氏らは今回、米疾病対策センター(CDC)が全米の高校生を対象に実施した2013年、…

この記事は有料記事です。

残り1177文字(全文1423文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら