あなたのおくすり手帳

“かかりつけ薬剤師”があなたの命と健康を守る

高垣育・薬剤師ライター
  • 文字
  • 印刷
お薬手帳の1ページ(画像の一部を加工しています)
お薬手帳の1ページ(画像の一部を加工しています)

お薬代の基本と薬剤師の仕事(後編)

 前回、処方薬には効果や安全性が同等の薬が複数種類あることや、薬局ごとに加算される調剤基本料が違うことによって、薬局での支払額が異なることをお伝えしました。また厚生労働省は薬局の「かかりつけ機能」、つまり患者さんが住み慣れた地域で、薬や健康に関していつでも気軽に相談できる役割の強化を推進しています。これらを踏まえ、今回は薬局選びのポイントを紹介します。

 まず一つ目。薬や健康のことで不安や疑問があったら、散歩や買い物のついでに立ち寄って相談できるような…

この記事は有料記事です。

残り2732文字(全文2976文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

高垣育

薬剤師ライター

たかがき・いく 1978年福岡県生まれ。2001年薬剤師免許を取得。調剤薬局、医療専門広告代理店などの勤務を経て、12年にフリーランスライターとして独立。毎週100人ほどの患者と対話する薬剤師とライターのパラレルキャリアを続けている。15年に愛犬のゴールデンレトリバーの介護体験をもとに書いた実用書「犬の介護に役立つ本」(山と渓谷社)を出版。人だけではなく動物の医療、介護、健康に関わる取材・ライティングも行い、さまざまな媒体に寄稿している。17年には国際中医専門員(国際中医師)の認定を受け、漢方への造詣も深い。