医療・健康Tips

健康は腸から! 腸内環境を整えよう

  • 文字
  • 印刷

 食べたものから栄養や水分を吸収するなど、重要な役目を担う腸と腸内細菌。そのはたらきは、便通を快適にするばかりでなく、免疫力の向上や精神の安定など、体と心の健康と密接な関わりを持っています。健康は腸から! 生活習慣や食生活を見直し、腸にやさしい毎日を過ごしましょう。

 口に入れた食べ物は、歯で噛み砕かれながら唾液と混ざり合い、食道を通って胃に運ばれます。その後、小腸、そして大腸に送られ、直腸を経由して肛門から排出されます。

 この流れの中で小腸の役目は、食べ物の消化と栄養の吸収です。まず、入口にある十二指腸で、肝臓から分泌された胆汁や膵臓から分泌された膵液によって食べ物を消化し、栄養素を分解します。その後、小腸で時間をかけて栄養を吸収するのです。さらに、大腸が水分を吸収して、残ったカスで大便を形成します。

この記事は有料記事です。

残り2795文字(全文3150文字)