医療・健康Tips

最善の医療をスムーズに受けるために 病院選びのコツ

  • 文字
  • 印刷

 病気になったとき、初診で大きな病院に行ったり、いくつもの病院を「はしご受診」したりしていませんか。ここには、医療費が余分にかかるだけでなく、適正な治療を受けられない、治療が遅れるなどの恐れが。最善の診療をスムーズに受けるには、どのように病院を選べばよいのでしょうか。

 具合が悪くなった時に、「もしかしたら深刻な病気かもしれない」「早く治してもらいたい」という気持ちから、近くの診療所ではなく、いきなり大学病院や市民病院などを受診する人がいます。しかし、実は大きな病院だからといって、診療所よりよい治療が受けられるわけではありません。大きな病院ほど、予約の取れる日がだいぶ先になってしまったり、診察までの待ち時間が長くなる傾向にあり、その間にさらに体調が悪化してしまっては元も子もありません。

 また、大きな病院では、細分化されたいくつもの診療科に分かれています。そのため、初診で病院に来たものの、自分がどこの科で診てもらえばいいかがわかりにくいことがあります。

この記事は有料記事です。

残り2590文字(全文3020文字)