認知症110番

「反応少ない」73歳妹の認知機能低下が心配

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 73歳の妹と暮らしている姉(80歳)です。二人とも独身で、お互いに定年まで働きました。妹は友人も少なく定年後は気ままに過ごしていましたが、最近、生活時間が不規則で昼間寝て夜起きていたり、食事も食べたり食べなかったり、ボーッとしていることが多く会話もかみ合わないことがあります。趣味も出かけることもなく、私が作った食事を冷蔵庫から出して食べ、着るものにも頓着しない生活。私が言っても返事だけで行動につながらず、相談する人もいません。=東京都、姉(80)

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1324文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/