医療・健康Tips

肺だけではない!結核菌は腸にも病巣をつくる!

  • 文字
  • 印刷

 「結核は肺の病気」と思いがち。しかし、結核菌は肺以外の臓器にも病巣をつくることがあるのです。なかでも腸にできたものを「腸結核」といいます。自覚症状に乏しい腸結核。下痢と便秘を繰り返している人は要注意です。

 結核とは、結核菌と呼ばれる細菌によって引き起こされる病気です。約8割は肺に起こるものですが(肺結核)、脳、リンパ節、骨、腎臓などでも発症することがあり、これらは肺外結核と呼ばれます。そのうち、腸に発症したものを腸結核といいます。

 腸結核には2種類あります。1つは、肺結核に罹患している人が、結核菌を含む痰を飲み込んだり、結核菌が…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文926文字)