医療プレミア特集

30~50代の男性に風疹予防接種を強く勧める理由

  • 文字
  • 印刷

大人の風疹ワクチン【前編】

 風疹の流行拡大が続き、収束する気配が見られない。11月4日までに報告された今年の累計患者数は1884人と、昨年1年間の20倍に上っている。専門家は、過去風疹にかかったと検査で診断されておらず、1歳以降に予防接種を2回受けていない妊娠20週ごろまでの女性は、可能な限り外出を控え、それ以外の人は予防接種を受けるよう呼びかけている。

 特に、過去に国の予防接種の対象でなかったり、接種率が低かったりして抗体が足りず、現在の流行の中心になっている「30~50代の男性」の予防接種の必要性が指摘されている。働き盛りの世代のため、「予防接種を受けてみようかな」と思ってもなかなか時間が取れず、後回しになっている人も多いだろう。どこでどんな種類のワクチンを接種したらよいか、どのぐらい費用がかかるのか。これらの疑問を解消するため、「大人の風疹…

この記事は有料記事です。

残り2400文字(全文2778文字)