ヘルスデーニュース

コーヒーを飲むと「酒さ」予防につながる?

  • 文字
  • 印刷

 コーヒーを摂取すると、酒(しゅ)さと呼ばれる炎症性皮膚疾患の予防に有用な可能性があることが、新たな研究で示された。酒さの人は、カフェイン入りの飲料や熱い飲み物など皮膚の血管を拡張させる食品は避ける方がよいというのが長年の常識であったが、今回はそうした考えに反する結果が得られたという。研究の詳細は「JAMA Dermatology」10月17日オンライン版に掲載された。

 酒さは顔面に発赤と小さな吹き出物が表れる慢性的な皮膚疾患で、にきびのような丘疹(きゅうしん)を伴う…

この記事は有料記事です。

残り1196文字(全文1432文字)