医療・健康Tips

「妊娠したい」の前からプレコンセプションケア

  • 文字
  • 印刷

 プレコンセプションケアは、妊娠(conception)する前(pre)のケア。妊娠を希望している女性や、そのパートナーが、自分の健康に向き合い、赤ちゃんを授かるための準備をすることです。

 「女性はいつでも妊娠できる」と思い込み、日ごろの健康管理を怠ったままでいると、いざ「妊娠したい」と思ったときになかなか授からなかったり、妊娠後に母体や赤ちゃんに深刻な影響が出たりする可能性があります。

 日本では、妊産婦や新生児の死亡率は先進国の中で最も低いものの、生まれた乳児に先天異常があったり、死亡したりするケースが減っているとはいえません。また、低体重で生まれ、生涯にわたって健康に問題を抱える赤ちゃんも多くいます。こうしたケースの中には、妊娠の「前」から両親が正しい知識を持ち、健康管理をすることで防げるものもあるのです。

この記事は有料記事です。

残り2540文字(全文2900文字)