ヘルスデーニュース

シャワーヘッドは病原菌の温床の恐れ

  • 文字
  • 印刷

 シャワーを浴びれば埃や病原菌を洗い流せると信じている人は多いだろう。ところが、シャワーヘッドには病原菌が潜んでおり、それを身体に浴びることで肺の感染症を発症してしまう可能性があることが、米コロラド大学のMatthew Gebert氏らが実施した研究で示された。この研究結果は「mBio」10月30日オンライン版に発表された。

 Gebert氏らは今回、米国や欧州における656家庭で使用されているシャワーヘッドを調べた。その結果、各家庭のシャワーヘッドには大量の細菌が見つかったが、その種類は地域や水質、水源によって異なっていた。また、塩素系消毒剤で消毒した水を使用する家庭では、特定の細菌の濃度が高いことも分かったという。

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1263文字)