ER Dr.の救急よもやま話

忘年会で悪酔いしないお酒の「適量」

志賀隆・国際医療福祉大准教授/同大三田病院救急部長
  • 文字
  • 印刷

 ある航空会社の操縦士の方が前日の飲酒もあり「職務につくことができない」と報道されたことがありました。お酒は特別な味わいもありますし、気の置けない友人との楽しい時間をもたらします。一方で、判断力が鈍ったり、けがをしたり、とお酒からくるトラブルも多いことはいうまでもありません。今回はこれからのシーズンで大事になる、お酒との上手な付き合い方についてご紹介します。まずは「適量のアルコール」とはどれくらいか、を考えてみたいと思います。なお、ここでの「適量」は「飲んでいて急に調子が悪くならない程度の量」を意味します。「生活習慣病にかかりにくい量」の話は最後に少し付け加えます。

この記事は有料記事です。

残り3704文字(全文3991文字)

志賀隆

国際医療福祉大准教授/同大三田病院救急部長

しが・たかし 1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代より総合診療・救急を志し、米国メイヨー・クリニックでの救急研修を経てハーバード大学マサチューセッツ総合病院で指導医を務めた救急医療のスペシャリスト。東京ベイ・浦安市川医療センター救急科部長などを経て17年7月から国際医療福祉大学医学部救急医学講座准教授/同大学三田病院救急部長。安全な救急医療体制の構築、国際競争力を産み出す人材育成、ヘルスリテラシーの向上を重視し、日々活動している。「考えるER」(シービーアール、共著)、「実践 シミュレーション教育」(メディカルサイエンスインターナショナル、監修・共著)、「医師人生は初期研修で決まる!って知ってた?」(メディカルサイエンス)など、救急や医学教育関連の著書・論文多数。