医療プレミア実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

インフル新薬「ゾフルーザ」に医師が慎重になる理由

谷口恭 / 太融寺町谷口医院院長

知っているようで、ほとんど知らない風邪の秘密【19】

 昨シーズン(2017/18年)に米国で8万人もの命を奪ったインフルエンザ。00年代初頭に登場した抗インフルエンザ薬「タミフル」(注1)は転落死などの事故との関係が指摘され使いたくないという声があるなか、今年3月には「ゾフルーザ」という新薬が緊急発売され注目を集めています。発売後、年度末までの2週間で24億円も売れたとか。ですが、少なくとも私の周りにはゾフルーザを積極的に処方すると考えている医師はほとんどいません。インフルエンザにかかればゾフルーザを使えばいい、というのは完全な誤解です。では既存の薬である「イナビル」や「タミフル」などを用いればいいのかといえば、そういうわけでもありません。インフルエンザの対処法については過去の記事(たとえば「『休めない』人はインフルエンザの薬を使うべきか?」)でも何度か取り上げましたが、今回は新薬ゾフルーザの効果と安全性を中心にまとめてみたいと思います。

 ゾフルーザが注目されたのは、タミフルやイナビルといった従来の抗インフルエンザ薬と作用機序(効く仕組…

この記事は有料記事です。

残り3947文字(全文4423文字)

谷口恭

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト

イチ押しコラム

医をめぐる情景
 

巨人&小人化の幻覚「不思議の国のアリス症候群」

 ◇小説(童話)「不思議の国のアリス」(1865年) 白ウサギの後を追ってとんでもなく深い穴に落ちた少女アリスは、奇妙で不思議な冒…

無難に生きる方法論
白い息を吐きながら通勤する人たち

「寒い冬こそダイエット!」なぜ効果的なのか

 肥満でダイエットをがんばっている患者さんがいる。寒くなってきたのに、半袖Tシャツと半ズボンといういで立ちで診察に来る。本人は夏も…

超高齢化時代を生きるヒント
高齢になった時だれが介護をしてくれるのか

「家族介護はいつか破綻」在宅医が見たつらい現実

 私が在宅医療を始めた30年近く前、千葉県の南房総地方では、多くの患者さんは家族に愛され、家族は「私がこの人を見てあげるんだ」とい…

旅と病の歴史地図

「最強の感染症」狂犬病のリスクはイヌだけじゃない

ギネス第1位の感染症 少し前のギネス世界記録に「最も致死率の高い感染症」というカテゴリーがありました。ここにランキングされていたの…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア