医療・健康Tips

のどや声帯に異常がないのに声が出せない発声障害

  • 文字
  • 印刷

 私たちは、のどの奥にある2枚の声帯を振動させて声を出しています。しかし、何らかの原因で声帯が動かず、声がつまったり、かすれたりすることがあります。その原因のひとつに、脳の機能がうまく働かないことがあげられます。

 声帯がうまく動かず、声が出しづらくなる状態を「発声障害」といいます。のどや声帯にポリープなどの病気がみられる場合がありますが、とくに異常がないケースも少なくありません。

この記事は有料記事です。

残り1213文字(全文1405文字)