医療プレミア特集

患者も病院も負担「インフル治癒証明書」は必要か

高木昭午・毎日新聞医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

 自分や子どもがインフルエンザになった。何とか熱が下がって症状も治まった。そこで出勤、登校となりますが、その際に、会社や学校から「治癒証明書」の提出を求められてはいませんか。治ったのにまた病院に行き、発行してもらうために時間やお金がかかります。忙しい医療機関の手もさらに煩わせます。そして実は「治癒した」との証明は医師にも難しく、それを承知で「証明書」を書いてもらうことになります。厚生労働省は先月から、会社や学校に対して「治癒証明書提出を求めないで」との呼びかけをホームページに掲載しています。

この記事は有料記事です。

残り2849文字(全文3097文字)

高木昭午

毎日新聞医療プレミア編集部

たかぎ・しょうご 1966年生まれ。88年毎日新聞社入社。94年から東京、大阪両本社科学環境部、東京本社社会部などで医療や原発などを取材。つくば支局長、柏崎通信部などを経て、17年に東京本社特別報道グループ、18年4月から医療プレミア編集部記者。