足のクリニックin医療プレミア

「曲がらない」「かかとしっかり」が靴の理想型

桑原靖・足のクリニック 表参道院長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 目的やシーン、季節によって履き替えている靴ですが、いざ買おうとした時、靴選びの知識がなく、とまどう人は多いのではないでしょうか。適切な靴選びをしないと、膝や腰に負担がかかり、体に悪い影響を及ぼしかねません。基本的な足の動きや靴の機能を知り、健康を保つためには、どのように靴を選んだらよいかについて解説します。

 まず、靴は足にとって何であるかについて考えてみましょう。靴は「歩くことをサポートする道具」です。靴が持つ機能の中心は足を守り、疲れないように歩く行為をサポートする道具だと考えてください。

 「歩く」ということはどういうことなのでしょうか。最初にかかとで地面に着地し、かかとが地面を捉えた後、くるぶしが曲がって、足の指の付け根にあるMP関節で踏み返すという三つの動作をつなげた運動です。靴はこれをサポートする道具の一つです。

この記事は有料記事です。

残り2519文字(全文2885文字)

桑原靖

足のクリニック 表参道院長

くわはら・やすし 2004年、埼玉医科大学医学部形成外科卒業。足に対する悩みを持つ方が多いにも関わらず、足を専門的に診る医療機関はほとんどないという状況に疑問を持ち、2013年、東京・表参道に日本初の足の症状・疾病に特化した「足のクリニック 表参道」(2017年7月に名称変更)を開設。