ヘルスデーニュース

即席スープでやけどの子供は年1万人/米調査

  • 文字
  • 印刷
 
 

 簡単に作れるインスタントのスープは、特に子どもたちの間で人気の食品だ。しかし、米国では熱いインスタントスープなどが原因で熱傷(やけど)を負う小児が年間約1万人に上ることが、米エモリー大学小児救急医学のCourtney Allen氏らによる調査で明らかになった。

 熱湯が原因の熱傷で救急搬送された小児の10人中2人が、電子レンジで加熱するタイプのインスタントスープをこぼして熱傷を負っていたことも分かったという。この調査結果は米国小児科学会(AAP 2018、11月2~6日、米オーランド)で発表された。

 Allen氏らは今回、2006~2016年の全米傷害調査電子システム(U.S. National …

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1461文字)