医療・健康Tips

食道の粘膜が胃の粘膜に変化する病気「バレット食道」

  • 文字
  • 印刷

 体の外側を覆う皮膚に対して、内側の皮膚とも呼べるものが粘膜です。口腔のほか、食道や胃などの臓器の内側は、柔らかい粘膜で覆われています。何らかの異常があると、粘膜は固くなったり、しこりができたりと変化が生じます。

 食道の粘膜は扁平上皮(へんぺいじょうひ)という粘膜で覆われています。一方、胃や腸は円柱上皮(えんちゅうじょうひ)という粘膜で覆われており、それぞれ異なる性質をもっています。ところが、何らかの原因で、食道の粘膜が胃の粘膜に変わることがあります。これを「バレット食道」といいます。

 原因として考えられているのが、逆流性食道炎による胃液や十二指腸液の逆流です。食道まで強い酸性の液体…

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1163文字)