医療・健康Tips

腎機能低下「慢性腎臓病」は早期診断・治療を

  • 文字
  • 印刷

 慢性腎臓病(CKD)は進行すると透析療法や腎移植が必要となり、心筋梗塞などのリスクも高めます。初期のうちは自覚症状がなく、気づいたときには病状が進行している場合も。健診結果でチェックすべきポイントを知り、早い段階で適切な治療・管理を始められるようにしましょう。

 腎臓は成人の握りこぶし程度の大きさで、背中側の左右に1つずつあります。主な役割は、心臓から送られてきた血液をきれいにし、血液中の老廃物を尿として排出します。

 そのほかにも、尿の排出量をコントロールし、体内の水分や電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウムなど)を一定にし、また体内の酸とアルカリのバランスを調整する役割も担っています。

 さらには、赤血球をつくるホルモンや血圧を調整するホルモンを分泌したり、ビタミンDを活性化させ骨の代謝を助けたりする働きもあり、腎臓は生命の維持に欠かせない重要な臓器だといえます。

 腎臓1つにつき、血液をろ過するフィルターにあたる構造が約100万個あり、そのフィルターの中心的な役割を担っているのが「糸球体(しきゅうたい)」という毛細血管の塊です。何らかの原因でこの糸球体が傷つき、腎臓の働きが悪くなる病気を総称して「腎臓病」と呼んでいます。

 糸球体が傷つくとフィルター機能が低下するため、血液中の老廃物が除去されなくなったり、赤血球やたんぱく質などが尿に漏れ出たりするようになります。

 その結果、体内に老廃物や水分がたまって体がむくんだり、たんぱく尿・血尿・頻尿・夜間尿・尿量が減る・尿が泡立つといった尿の異常が生じたりするように。さらに症状が進行すると、高血圧、貧血、動悸(どうき)や息切れ、皮膚のかゆみ、全身のだるさ、頭痛、消化器症状(吐き気や食欲不振)など、体のさまざまな不調を引き起こします。

 一度傷ついた糸球体は、回復しにくい性質をもっています。そのため、腎臓がほとんど働かない「腎不全」の状態になると、治療し…

この記事は有料記事です。

残り2935文字(全文3754文字)