ヘルスデーニュース

クリスマス休暇中の退院は死亡リスクが高い?

  • 文字
  • 印刷

 クリスマスから年末年始のホリデーシーズンを、病院のベッドで過ごしたいと思う人はいないだろう。しかし、その時期に退院するのは得策といえない可能性があることが、新たな研究で示された。カナダの研究で、12月のホリデーシーズン中に退院した人は、その他の時期に退院した人に比べて死亡や再入院のリスクが高いことが分かった。研究の詳細は「BMJ」12月10日オンライン版に掲載された。この研究は、カナダの臨床評価科学研究所(ICES)のLauren Lapointe-Shaw氏らが行ったもの。2002年4月~2016年1月にカナダ、オンタリオ州の急性期病院を退院した成人患者のうち、12月のホリデーシーズンに退院した21万7305人と11月下旬および1月中に退院した45万3641人(対照群)を対象に、転帰を比較検討した。

 その結果、ホリデーシーズン中に退院した患者群では、対照群に比べて退院から7日以内、14日以内、30…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1217文字)