ヘルスデーニュース

飲み込める超小型カプセルで健康管理が可能に?

  • 文字
  • 印刷

 遠い未来に実現するだろうと考えられてきた技術が現実味を帯びてきた。米マサチューセッツ工科大学(MIT)のグループは、体内で健康データをモニタリングできるセンサーを搭載した経口摂取可能なカプセルを開発したと「Advanced Materials Technologies」12月13日号に発表した。飲み込んだカプセルのセンサーで測定したデータは、ブルートゥース・ワイヤレスの技術を用いて、スマートフォンなどでモニタリングできるという。

 研究グループによれば、この超小型カプセルを飲み込めば、薬剤を体内に運んだり、感染やアレルギー反応と…

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1366文字)