ヘルスデーニュース

0歳の乳児は夜通し眠らなくても発達に影響ない?

  • 文字
  • 印刷

 生後6カ月になったわが子が夜中に目を覚まし、ぐっすり眠れなくても心配はいらないようだ。マギル大学(カナダ)心理学のMarie-Helene Pennestri氏らが実施した新たな研究で、1歳未満であれば夜間に6~8時間まとまって眠らなくても、発達に異常があるわけではないことが明らかになった。

 また、夜中に目を覚ましても、そのことが将来的に思考や言語、運動の能力に影響を与える可能性は低いことも分かったという。研究の詳細は「Pediatrics」11月12日オンライン版に発表された。

 Pennestri氏らは388人の母親に、子どもが生後6カ月または12カ月の時の夜間の睡眠時間と母…

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1324文字)