いきいき女性の健康ノート

「避妊だけじゃない」子宮と卵巣を守るピルの効能

福島安紀・医療ライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

 世界では多くの女性が服用している経口避妊薬・ピルだが、日本での普及率は、月経のある女性の1~3%程度といわれている。「生理(月経)を薬でコントロールするなんて不自然」「体に悪いのでは」「副作用が怖い」と、抵抗感が強い女性も多いが、実際はどうなのだろうか。ピルのメリットと副作用、使う場合の選び方について紹介する。

 ピルはホルモン薬の一種だ。女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)に似た成分と、プロゲステロン(黄体ホルモン)に似た成分の両方を含んでいる。含む卵胞ホルモンの量によって、超低用量(0.03mg未満)▽低用量(0.05mg未満)▽中用量(0.05mg)▽高用量(0.05mg以上)の4種類があり、現在は副作用の少ない「超低用量」か「低用量」が主流になっている。月経困難症の薬として使われるものは「超低用量」と「低用量」で、これには健康保険が適用される。主に避妊や月経コントロールのために使われるものは「低用量」で、こちらは自費診療になる。成分はほぼ同じだが、月経困難症の薬はLEP(Low dose estrogen-progestin)、自費のピルはOC(Oral contraceptive)と呼ばれる。

 「OCのメリットは99%以上の確率で避妊ができること。LEP、OCとも、出血量が減って月経痛などのつらい症状や月経前後のイライラがなくなります」そう語るのは、よしの女性診療所(東京都中野区)院長の吉野一枝さん。「婦人科医が教える 生理のお悩み解決法」(彩図社)などの著書がある産婦人科専門医だ。

 低用量ピルを飲むと、体内の女性ホルモンが一定に保たれる。すると子宮と卵巣は休眠状態になる。詳しくいうと、卵胞の成熟が抑えられて排卵が起こらなくなり、子宮内膜は厚くならない。そこで、近年増えている子宮内膜症や貧血などを発症する率が下がるのも利点だという。

この記事は有料記事です。

残り2376文字(全文3163文字)

福島安紀

医療ライター

ふくしま・あき 1967年生まれ。90年立教大学法学部卒。医療系出版社、サンデー毎日専属記者を経てフリーランスに。医療・介護問題を中心に取材・執筆活動を行う。社会福祉士。著書に「がん、脳卒中、心臓病 三大病死亡 衝撃の地域格差」(中央公論新社、共著)、「病院がまるごとやさしくわかる本」(秀和システム)など。興味のあるテーマは、がん医療、当事者活動、医療費、認知症、心臓病、脳疾患。