ヘルスデーニュース

父子の対話でコンドーム使用率が向上?/米調査

  • 文字
  • 印刷

 父親がティーンエージャーの息子とコンドームの使用について率直に話し合うことが、性感染症(STI)や計画外妊娠を予防する方法として有望であることが、ニューヨーク在住の父子を対象とした聞き取り調査から明らかになった。米ニューヨーク大学教授で米モンテフィオーレ医療センター青少年AIDSプログラムのナース・プラクティショナーであるVincent Guilamo-Ramos氏らが「Pediatrics」12月17日オンライン版に発表した。

 コンドームの使用はHIV感染を含めたSTIを予防できる唯一の避妊法とされる。しかし、米疾病対策セン…

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1171文字)