医療・健康Tips

介護離職を防ぐために第三者にも相談を

  • 文字
  • 印刷

 身近な人に介護や看護が必要になったとき、あなたならどうしますか? 自分の仕事との両立ができなくなり、仕事を辞めるという選択をせざるを得なかった人が年間10万人近くに上ります。介護離職を防ぐためにも、利用できる社会的なサポートや会社などの制度を確認しましょう。

 総務省の2017年の就業構造基本調査によると、家族の介護や看護のために仕事を辞める介護離職が、1年間で9万9100人に上ります。男女別では女性が7万5100人で8割近くを占め、男性は2万4000人です。

 同調査の結果では、現在介護をしながら働く人も346万人に及び、5年前から55万人が増加。高齢者人口…

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1388文字)