ヘルスデーニュース

米国で高校の始業時間を遅らせると生徒の成績が向上

  • 文字
  • 印刷

 米ワシントン州シアトルで、高校の始業時間を7時50分から8時45分に遅らせる実験を行ったところ、生徒の睡眠時間が増え、成績も向上したことが明らかになった。実験は、米ワシントン大学教授のHoracio de la Iglesia氏らが実施したもので、詳細は「Science Advances」12月12日号に掲載された。

 思春期の若者の多くは、1日当たりの睡眠時間が推奨される8~10時間を満たしていないのが現状だ。そこで、高校の始業時間を約1時間遅らせるという取り組みが、シアトルの高校18校で2016/2017年度に始まっている。その影響について調べるため、de la Iglesia氏らは、18校のうちルーズベルト高校とフランクリン高校の2校の2年生を対象に今回の研究を実施した。

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1446文字)