ヘルスデーニュース

冬期休暇明けはコレステロール値の急上昇に注意?

  • 文字
  • 印刷

 クリスマスや年末年始の休暇中に豪華な食事を存分に楽しんだ後は、コレステロール値が大幅に上昇し、高コレステロール血症を発症するリスクも6倍になることが、コペンハーゲン大学病院(デンマーク)のAnne Langsted氏らの研究で明らかになった。研究の詳細は「Atherosclerosis」2018年12月19日オンライン版に掲載された。

 この研究は、コペンハーゲンの一般住民を対象とした観察研究(Copenhagen General Population Study)に参加し、脂質異常症の治療薬を服用していない成人2万5,764人を対象としたもの。総コレステロール値とLDL-コレステロール(LDL-C)値について、5~6月に測定した値と12月~翌年1月に測定した値を比較検討した。

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1090文字)