ヘルスデーニュース

「レジ横陳列禁止」で菓子類消費が減少/英研究

  • 文字
  • 印刷

 スーパーやコンビニエンスストアのレジ周辺に陳列されたチョコレートなどの菓子類は、つい手に取ってしまいがちだ。しかし、こうした陳列をやめれば、健康に良くないとされる菓子類の消費量を大幅に減らせる可能性があることが、英ケンブリッジ大学のJean Adams氏らが実施した研究で明らかになった。研究の詳細は「PLOS Medicine」12月18日オンライン版に掲載された。

 スーパーなどのレジ周辺には、消費者の衝動買いを狙って、あめやチョコレートバーなどの菓子類が陳列され…

この記事は有料記事です。

残り1143文字(全文1378文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら