医療・健康Tips

3Dプリンターで角膜をつくる?!

  • 文字
  • 印刷
患者を手術する眼科医。将来は3Dプリンタで作った人工角膜を移植する時代が来るのか
患者を手術する眼科医。将来は3Dプリンタで作った人工角膜を移植する時代が来るのか

 近年、医療分野において3Dプリンターの導入、活用が進められています。3Dプリンターでつくられた臓器モデルが医学教育の現場で使われたり、診断や治療などにも利用され始めています。そんななか、3Dプリンターでヒト用人工角膜を作成する技術が開発されました。

 3Dプリンターで角膜をつくる技術を開発したのは、英国の大学の研究チームです。健康なヒトの角膜から取り出した幹細胞に、アルギン酸塩とコラーゲンを混ぜてプリント用のバイオインクを作成。このインクを使い、3Dプリンターで角膜をつくります。

 実際に、それぞれの目をスキャンした情報を元に、個々の患者に合わせた形状を作成できます。市販されてい…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文938文字)