「暮らしの保健室」が入る東京都新宿区にある戸山団地=筆者撮影
「暮らしの保健室」が入る東京都新宿区にある戸山団地=筆者撮影

健康に暮らす百年人生を生きる

超高齢化“新宿巨大団地”の「保健室」に集う人たち

星野哲 / ライター/立教大学社会デザイン研究所研究員

 「いつでもどうぞ」といわれても、ただお茶をしに行くというのは……。そんな、「居場所」に敷居の高さを感じている人でも気軽に立ち寄れる場を提供したい、という考えから始まった活動がある。誰にとっても、生活の中で大事にしている「健康」を入り口にした、街の中の「よろず相談の場」づくりだ。

 東京都新宿区の都営戸山ハイツアパート。35棟に約3000世帯が暮らし、その半数以上は高齢者という超高齢社会を先取りしたような団地だ。この団地の「33号棟」1階にある商店街の書店を改装して2011年7月にオープンした「暮らしの保健室」が、その「よろず相談の場」だ。平日の午前9時から午後5時まで、看護師が常駐し、予約不要・無料で健康相談に乗っている。ただお茶をするだけでもいいし、食事会や健康講習会、ヨガ教室などの行事に参加することもできる。

 ある秋の一日。70平方メートルほどの室内に置かれた楕円(だえん)形のテーブルの周りでは、お茶を飲み…

この記事は有料記事です。

残り3449文字(全文3860文字)

星野哲

星野哲

ライター/立教大学社会デザイン研究所研究員

ほしの・さとし 1962年生まれ。元朝日新聞記者。30年ほど前、墓や葬儀の変化に関心を持って以降、終活関連全般、特にライフエンディングについて取材、研究を続けている。2016年に独立。立教大学大学院、東京墨田看護専門学校で教えるほか、各地で講演活動も続ける。著書に「遺贈寄付 最期のお金の活かし方」(2018年、幻冬舎)「『定年後』はお寺が居場所」(同、集英社新書)「終活難民-あなたは誰に送ってもらえますか」(2014年、平凡社新書)ほか。

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
HPVワクチンについて議論する県議会を見つめる母親たち

HPVワクチン「推奨派敗訴」と接種の是非は別問題

 ◇理解してから接種する--「ワクチン」の本当の意味と効果【37】 HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンに関連して、国内外の関…

理由を探る認知症ケア
 

「家に帰りたい」は単なる帰宅願望ではなかった!?

 ◇「家に帰りたい」と言い続けるB子さん 最愛の夫を亡くしたことをきっかけに、認知症による混乱が増えてしまったB子さん。子どもたち…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
玄米ごはん定食。論文によると、日本の食事で、死亡に影響している問題点は、1位が塩分過剰、2位は全粒穀物(玄米など)の不足だった

年1100万人を死なせる世界「不健康な食事」ランク

 全世界で年間1100万人、成人してから亡くなる人の5人に1人が、不健康な食事が原因で亡くなっている。喫煙や高血圧による死者より多…

無難に生きる方法論
 

「うつ病に効果あるかも」お笑いと健康の関係は

 明るく楽しく過ごすことが健康につながり、がんや高血圧、糖尿病の治療に良い効果があることはよく知られている。例えばがんと診断され、…

超高齢化時代を生きるヒント
東京都福生市の公立福生病院=2019年3月8日、本社ヘリから

「命は誰のものか」を深く問いかける透析中止問題

 人工透析を受けていた44歳の女性患者が、東京都福生市の公立福生病院の医師に透析中止の選択肢を示され、中止を選んだ後、死に至りまし…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア