どうする健康格差社会

「誘い誘われ」「持ちつ持たれつ」が病気を防ぐ

近藤克則・千葉大学予防医学センター教授
  • 文字
  • 印刷
おなかから声を出しながら体操をする高齢者
おなかから声を出しながら体操をする高齢者

 春になると新人が職場や学校に入ってくる。頼りなかった元新人も、「先輩!」などと頼られて張り切るだろう。先輩に助けてもらった新人は、ホッとする。頼られた方も「役に立てた」とか「自分も成長した」などと思えて、悪い気はしない。

 助けられていた新人が、次は助ける側に回る。持ちつ持たれつ。人とつながると安心や役割が生まれ、一人では味わえない喜びや元気、ハリが生まれるのだ。

 一方、運動やスポーツでも、一人では長続きしない。医師や保健師に運動を勧められたが……という人は多い…

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1338文字)

近藤克則

千葉大学予防医学センター教授

1983年千葉大学医学部卒業。東大医学部付属病院リハビリテーション部医員、船橋二和(ふたわ)病院リハビリテーション科科長などを経て日本福祉大学教授を務め、2014年4月から千葉大学予防医学センター教授。2016年4月から国立長寿医療研究センター老年学評価研究部長。「健康格差社会ー何が心と健康を蝕むのか」(医学書院2005)で社会政策学会賞(奨励賞)を受賞。健康格差研究の国内第一人者。