医療・健康Tips

医療現場から集めた「薬の副作用」データベース

  • 文字
  • 印刷
古い診療記録を調べる人たち。MID-NETはこうした情報を、製薬会社を通さずに収集する
古い診療記録を調べる人たち。MID-NETはこうした情報を、製薬会社を通さずに収集する

 医療機関で処方された薬を使って、「これって副作用かな?」と症状に違和感を感じた経験はありますか? どんな副作用がどの程度発生しているのかを迅速に把握し、解析するためのしくみが、ようやく開始しました。これまでの方法とどこが違うのでしょうか。

 厚生労働省は2018年4月に、医療現場からレセプト(診療報酬明細書など)、電子カルテ、検査結果などを直接収集して、医薬品の副作用情報などの分析に利用できる「医療情報データベース」(MID-NET®)の本格運用を開始しました。

 当面、対象となるのは全国の23病院(東大、東北大、千葉大、北里研究所など)の患者約400万人分。患…

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1272文字)