いきいき女性の健康ノート

月経前症候群をうまく乗り切る「ピルと漢方薬」

福島安紀・医療ライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

 月経前に精神的に不安定になったり、体調が悪くなったりする月経前症候群(premenstrual syndrome:PMS)。月経のある女性の多くがその直前に何らかの症状があるとみられているが、「生理前に具合が悪いのは当たり前」として、我慢している人が少なくない。PMSの対処法を、産婦人科医で臨床心理士のよしの女性診療所院長、吉野一枝さんに聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1804文字(全文1979文字)

福島安紀

医療ライター

ふくしま・あき 1967年生まれ。90年立教大学法学部卒。医療系出版社、サンデー毎日専属記者を経てフリーランスに。医療・介護問題を中心に取材・執筆活動を行う。社会福祉士。著書に「がん、脳卒中、心臓病 三大病死亡 衝撃の地域格差」(中央公論新社、共著)、「病院がまるごとやさしくわかる本」(秀和システム)など。興味のあるテーマは、がん医療、当事者活動、医療費、認知症、心臓病、脳疾患。