医療・健康Tips

有酸素運動が脳を活性化させる?

  • 文字
  • 印刷

 認知症予防に、もっとも効果が期待できるのが運動です。運動習慣のある人と、ない人では、どの程度の差が出るのでしょうか。

運動の有無で発症率に大差

 認知症の発症や進行を抑えるのに、最も効果が確実とされているのが運動です。「中年の時期に、週1回20~30分以上の運動を行った人の認知症発症率は、運動をしていなかった人の半分以下」といった効果を示す報告があるほどです。

 運動には、それぞれに認知症予防の効果がありますが、有酸素運動は特に効果的です。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文931文字)