今日のセカンドオピニオン

「風邪でにおいを感じなくなった」治療法はある?

  • 文字
  • 印刷

【Q】昨年夏に風邪を引いたあと、においを感じなくなりました。漢方薬を1カ月ほど飲みましたが治りません。良い治療法はありませんか。(群馬県、男性、82歳)

【A】視神経、聴神経と違って、嗅神経は風邪などのウイルスでダメになっても再生します。ただ年齢とともに再生能力は下がってしまうので、高齢の人は嗅覚障害になることが増えていきます。根気よく薬物療法と嗅覚刺激療法を続けてください。

 においは鼻の奥にある「嗅神経(きゅうしんけい)」という神経細胞で感知し、脳の「嗅球(きゅうきゅう)」に情報が伝わって認識されます。鼻づまりなどで空気が嗅神経に届かずにおいを感じない状態を「気導性嗅覚障害」、風邪などのウイルスに感染し嗅神経自体がダメになる状態を「嗅神経性嗅覚障害」と言います。前者は治りやすいですが、後者は厄介です。

 相談者の場合、1年近く嗅覚障害が続いており、高齢である点から嗅神経性嗅覚障害と考えられます。視神経…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文1027文字)