ヘルスデーニュース

夜間の心理的ストレスには要注意?

  • 文字
  • 印刷

 夜間の心理的ストレスは、午前中のストレスよりも身体により大きな負担となる可能性があることが、北海道大学大学院教育学研究院准教授の山仲勇二郎氏らの研究で明らかになった。健康な人を対象に、夜間に心理的なストレスの原因を与えたところ、ストレス反応の指標となる「コルチゾール」値が上昇する正常なストレス反応がみられないことが分かったという。研究の詳細は「Neuropsychopharmacology Reports」11月27日オンライン版に掲載された。

 山仲氏らによると、人間の身体には、心理的、身体的なストレス要因に適応する防御システムが備わっており…

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1372文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら