あなたの心と体を整える漢方ガイド

「妻の認知症」でうつ状態の夫を支えた漢方薬

加藤士郎・野木病院副院長/筑波大学付属病院臨床教授
  • 文字
  • 印刷
 
 

 長年連れ添った伴侶が認知症などの病気になってしまうと、配偶者も将来を心配し、気分が落ち込みやすいものです。今回は、妻がアルツハイマー型認知症と診断されたことがきっかけでうつ状態となり、食欲不振に陥ってしまった高齢男性が漢方薬の服用で改善したケースを紹介します。診断以降、妻も夫と同じように気持ちが沈んでいましたが、従来の治療に夫と同じ漢方薬を加えたことによって、2人とも元気を取り戻したのです。

この記事は有料記事です。

残り1913文字(全文2111文字)

加藤士郎

野木病院副院長/筑波大学付属病院臨床教授

かとう・しろう 1982年獨協医科大学卒後、同大第1内科(現心臓・血管内科)入局。88年、同大第1内科大学院卒。第1内科講師、宇都宮東病院副院長などを経て、09年野木病院副院長、筑波大学非常勤講師。同年、筑波大学付属病院総合診療科に漢方外来開設。10年筑波大学付属病院臨床教授。筑波大学付属病院で漢方外来に従事するととともに、主に学生、研修医を対象に漢方の教育活動を行っている。編著に「臨床力をアップする漢方ー西洋医学と東洋医学のW専門医が指南!」(中山書店)。医学博士、日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本東洋医学会専門医・指導医、日本老年医学会専門医・指導医など。