ヘルスデーニュース

肥満が脳の萎縮と関連する可能性/英研究

  • 文字
  • 印刷

 肥満の人は、特に腹部肥満であると脳が萎縮する傾向がみられることが、英ラフバラー大学のMark Hamer氏らの研究で明らかになった。9600人を超える英国人を対象に分析した結果、適正体重の人に比べて、肥満の人は脳の灰白質の容積が小さいことが分かった。詳細は「Neurology」1月9日オンライン版に掲載された。

 これまでの研究で、脳の灰白質が萎縮すると認知症の発症リスクが増大する可能性が示唆されている。Ham…

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1576文字)