今日のセカンドオピニオン

「非浸潤の乳がん」切除手術以外の治療法はある?

  • 文字
  • 印刷

 乳房は母乳をつくる乳腺とそれを運ぶ乳管などからなっています。乳がんの多くは乳管から発生しますが、非浸潤の乳がんは、がんが乳管の中にとどまっている進行度(ステージ)早期の状態で、他の臓器に転移しないとされています。これに対し、浸潤がんは周囲の組織に浸透し、全身に転移する可能性があります。

 ただし非浸潤がんでも進行して浸潤がんになる可能性はあります。後で「早く手術しておけばよかった」と後悔せずに済むよう、影響が大きくなる前に切除するのが、現代の医学の基本的な考え方です。これが現時点で最良の治療方法とされる「標準治療」です。

 非浸潤がんでも、乳房の全摘出が必要になる人もいます。がんができた場所や範囲によって判断が異なります。また、乳房の温存や再建は年齢に関係なく可能なので、医師に希望を伝えましょう。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文976文字)