あなたのおくすり手帳

「薬剤師のうざい質問」の裏にある深い理由

高垣育・薬剤師ライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

薬局を知って賢く活用する(前編)

 「いつまで待たせるんだよ。黙って薬出せばいいんだよ」「さっき先生に話してきたのに、答える必要あるの?」――。薬局の窓口で患者さんに薬を渡す際にいろいろと話しかけると、時々こんなふうに言われることがあります。患者さんにとって薬剤師との会話はうっとうしいものなのかもしれません。ところが、患者さんにとって一見“無意味”に思える世間話や質問の裏側に、実は深い理由があるのです。薬剤師として長く活動し、現在はアップル薬局(熊本市)代表取締役を務めながら、熊本大学薬学部の臨床教授として薬局薬剤師の実務などを後進に指導する山本雄一郎さんに、薬剤師の役割と患者さんの関係について話を聞きました。

 薬剤師がいちいち質問する理由は、大きく分けて二つ。一つ目は「法律で決まっているから」です。健康保険…

この記事は有料記事です。

残り1903文字(全文2261文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

高垣育

薬剤師ライター

たかがき・いく 1978年福岡県生まれ。2001年薬剤師免許を取得。調剤薬局、医療専門広告代理店などの勤務を経て、12年にフリーランスライターとして独立。毎週100人ほどの患者と対話する薬剤師とライターのパラレルキャリアを続けている。15年に愛犬のゴールデンレトリバーの介護体験をもとに書いた実用書「犬の介護に役立つ本」(山と渓谷社)を出版。人だけではなく動物の医療、介護、健康に関わる取材・ライティングも行い、さまざまな媒体に寄稿している。17年には国際中医専門員(国際中医師)の認定を受け、漢方への造詣も深い。