ヘルスデーニュース

貧困女性の3人に2人が生理用品を購入できず/米調査

  • 文字
  • 印刷

 米ミズーリ州セント・ルイスに住む約200人の貧困層の女性を対象とした調査から、約3人に2人(64%)が過去1年以内に1回以上、経済的な理由で生理用品を購入できなかったことが明らかになった。また、約5人に1人(21%)は生理用品を毎月買えず、約半数は食品と生理用品のどちらを買うべきか悩むことがあると回答していた。この調査結果は「Obstetrics & Gynecology」2月号に掲載された。

 調査を実施した米セント・ルイス大学のAnne Sebert Kuhlmann氏らは「月経衛生に適切…

この記事は有料記事です。

残り1183文字(全文1437文字)