認知症110番

もしかして認知症?ネットで商品買いすぎる父

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 78歳の父と同居しています。長女の私(45歳)は働きに出ているため日中は父が一人です。父は以前から無口で自分のことは自分でしていましたが、最近、ネットでの注文が重なったり、注文したことを忘れたりし、宅配サービスでも同様のことが多々あります。また、それらを使いきれず残してしまい、忘れることも多くなっています。アドバイスをするのですが「うるさい」と言うばかりです。外に出ることは嫌いで家の中でテレビを見て過ごし、他の人と触れ合う機会もないままです。=東京都、女性(45)

この記事は有料記事です。

残り1133文字(全文1368文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/