今日のセカンドオピニオン

胸の痛みの発作が増えていく「不安定狭心症」とは

  • 文字
  • 印刷

【Q】胸からあごにかけて痛みが続いています。内科で心電図と超音波の検査を受け、不安定狭心症の疑いと言われました。どんな病気でしょうか。(愛媛県今治市、女性、67歳)

【A】胸を締め付けられるような痛みの出る発作の頻度が増えていきます。速やかに診断、治療を受けることを勧めます。

 狭心症には安定型と不安定型の2種類があります。安定狭心症は、階段を5階まで上るなど一定の負担のかかる運動をした時に発作が起きるのが特徴です。発作は同様の運動をするたびに起き、締め付けられるような胸の痛みが5分ほど続きます。発作が起きる運動を避けるよう生活を工夫することで対処できます。

 一方、不安定狭心症は、胸が痛むのは同じですが、発作の起きる頻度が増えてきます。例えば発作に至るまで…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文922文字)