医療・健康Tips

いつもの不調と間違えやすい「橋本病」

  • 文字
  • 印刷

 体の冷え、むくみ、便秘などが続いていたら、内科系の病気のほか、甲状腺ホルモンの異常が考えられます。特に橋本病は、成人女性の約10%と、高い頻度で発症し、好発年齢は30~40代といわれています。今までなじみがなくても、病気の概要や対処法を知っておくと安心です。伊藤病院内科医長・渡邊奈津子先生にお話をうかがいました。

 --耳にしたことはありますが、どのような病気なのでしょう?

 渡邊 橋本病とは、のどぼとけの下にある小さな器官である甲状腺が慢性的に炎症を起こすために引き起こされる病気です。病名の由来は、この病気を発見した日本人の橋本策(はかる)先生の名前で、世界中で病名として使用されているのです。慢性甲状腺炎とも呼ばれます。

この記事は有料記事です。

残り2322文字(全文2637文字)