医療・健康Tips フォロー

血液や尿中のマイクロRNAでがんを早期発見?

 1滴の血液や尿を調べるだけで、がんを診断できるかもしれません。すでに臨床研究もスタートしており、今後人間ドックのオプションとして取り入れられる可能性も!? いったいどのような診断方法になるのでしょうか。

 現在、がん医療の世界で注目を集めているのが、マイクロリボ核酸(RNA)。血液、尿、唾液などの体液中に存在しており、体内のさまざまな細胞から、脂質の膜の袋(エクソソーム)に包まれた状態で分泌されています。

 近年の研究によって、がん細胞から分泌されたマイクロRNAが、がんの種類やタイプによって特徴的なパターンを示したり、転移にも関係したりすることがわかってきました。また、特定のマイクロRNAががん細胞を正常化することも報告されており、マイクロRNAは、がん診断だけでなく、がん治療でも重要視されています。

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1207文字)